学力調査の英語科目で素案 「話す」で電子機器を活用

文科省の「全国的な学力調査に関する専門家会議」は2月24日、平成31年度の全国学力・学習状況調査で実施予定の中3を対象とした英語調査の素案を示した。英語調査は4技能を測るもので、「話す」については教員の負担軽減や採点のばらつきを無くすために、タブレット端末などの電子機器を活用する案が示された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。