手話と文字を介して防災授業 都立葛飾ろう学校で

東京都立葛飾ろう学校(久保井礼校長、生徒数202人)で2月24日、中等部・高等部の生徒を対象にした防災授業や避難訓練が行われた。講師を務めたのは、矢崎良明鎌倉女子大学講師・板橋区教委安全教育専門員。「あなたにも迫っている大地震」と題し、地震の起こり方や地震からの避難方法などについて話した。体育館で行われた授業は、音声認識でリアルタイム字幕が表示されるアプリ「UDトーク」と手話通訳を介して、生徒らが手話と文字の両方から情報が得られるよう工夫して展開された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。