都が食中毒と断定 立川市立小13校の給食停止を延長

東京都は、立川市の小学校7校で起きた給食による集団食中毒の疑いに関する調査結果を、2月24日に発表した。患者の便の検査などから、市の学校給食共同調理場が調理し、提供した給食が原因のノロウイルス食中毒と断定した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。