小学校総合的な学習の時間学習指導要領案 真の充実を

学習指導要領案 教科・領域改訂のポイントをどう考えるか 〈8〉小学校「総合的な学習の時間」

2月14日に公表された学習指導要領案小学校の「総合的な学習の時間」について、齊藤純東京都大田区立松仙小学校長は、改訂のポイントを次のように指摘する。同校長は、東京都小学校生活科・総合的な学習教育研究会長、全国小学校生活科・総合的な学習教育研究協議会長、日本生活科・総合的学習教育学会常任理事・広報部長を務める。


◇「目標」が明確に◇

小学校学習指導要領案第5章「総合的な学習の時間」の第1「目標」のリード文において、冒頭が「探究的な見方・考え方を働かせ」という表現となり、「探究的な学習」は総合的な学習の時間の前提条件であることが明示された。

また「よりよく課題を解決し、自己の生き方を考える」子供を育成するために必要な力として、今次改訂の目玉である「資質・能力の3つの柱」で整理された。中でも、(1)の「知識及び技能」において、「課題に関わる概念を形成し」とあるように、単に断片的な知識および技能を身に付けるだけでなく、小学校における学習という限定はあるものの、一定程度の物事の本質にまで迫る学習が求められた。

また(2)の「実社会や実生活の中から問題を見いだし」とあるように、子供たちに自らの人生を開いていく資質・能力を育成するために、正解が用意されていない問いについて探究する学びであることが明示された。

◇カリキュラム・マネジメントのカギに◇

目標については、「各学校における教育目標を踏まえる」と示され、また内容についても「教科等を超えた全ての学習の基盤となる資質・能力が育まれ、活用されるものとなるよう配慮すること」とある。このように、総合的な学習の時間は、カリキュラム・マネジメントのカギとなることが明示された。

内容については、さらに「目標を実現するにふさわしい探究課題、探究課題の解決を通して育成を目指す具体的な資質・能力を示すこと」という表現で示され、これまでの内容の捉えとは異なり、探究課題と資質・能力(3つの柱)のセットという精緻な構造で示すことが求められるようになった。

◇探究的な学習の過程に関する特質を明確化◇

第3の「指導計画の作成と内容の取扱い」では、探究的な学習の特質が明示された。中でも、2の配慮事項の(2)に、「探究的な学習の過程においては、(中略)、その際、例えば、比較する、分類する、関連付けるなどの考えるための技法~」とあるように、いわゆる「思考スキル」の活用が明示された。さらに、(9)には、いわゆる「プログラミング学習」についても、プログラミングを体験しながら論理的思考力を身に付けるための学習活動を行う場合でも、あくまでも「探究的な学習の過程に適切に位置付くようにすること」と、単にプログラムの学習をすることが目的とならないように、限定事項が強調された。

◇細かなところまでチェンジ◇

小学校学習指導要領案第5章「総合的な学習の時間」では、総合的な学習の時間が適正に実施され、真の充実が図られるために、細かなところまで懇切丁寧にマイナーチェンジがなされたと考える。

あなたへのお薦め

 
特集