きざみのり納入の7都府県教委に 文科省が注意を喚起

東京都の立川市立小学校で起きた集団食中毒で、食品会社「東海屋」(大阪市)が製造した「きざみのり」にノロウィルスが付着していたのが特定され、2月28日に公表された。これを受けて文科省は同日、同社が製造したきざみのりを学校給食の食材として納入した7都府県教委に対して注意喚起を行った。また全国の都道府県教委などに、学校給食における衛生管理を徹底するよう、この前日の27日に通知した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。