4人に1人が情報を信頼しない スマホ所有率は上昇

デジタルアーツ㈱は3月1日、「第10回未成年者と保護者のスマートフォンやネットの利活用における意識調査発表会」を開催した。同社の調査によると、小学校高学年のスマートフォン所有率は60%を超え、低年齢化が急速に進んでいた。また信頼できる情報源について、「どこも信用していない」と回答したのは子供が23.6%、親が25.6%となり、4人に1人の割合となった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。