明治からの教科書や教具を展示 教育博物館が4月開館

福井県教委は、学校教育に関する資料を収集・保存・展示する「教育博物館」を、4月15日に同県坂井市の教育総合研究所内にオープンさせる。昔の教室を再現するほか、全国から集めた、明治から昭和30年代にかけての教科書や教育資料などを展示する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。