中学校音楽科学習指導要領案 心豊かな生徒を育成

学習指導要領案 教科・領域改訂のポイントをどう考えるか 〈11〉中学校音楽科

2月14日に公表された学習指導要領案の中学校音楽科について、改訂のポイントを、東京都中学校音楽教育研究会長・全日本音楽教育研究会中学校部会長を務める風見章東京都杉並区立泉南中学校長は、次のように指摘する――。


◇「何ができるようになるか」の視点が明確に◇

2月14日に文部科学省から次期学習指導要領案が提示された。この内容を見て、現行の学習指導要領とどのように違うのかをまとめる。

まず、全体的な特徴としては「総則」と「前文」が示され、「教育基本法」と「学習指導要領」の関係と「学習指導要領」の意義が示された。

また平成28年12月21日に中教審の答申で示された「資質・能力の三つの柱」に基づいて音楽科でも指導内容が整理された。

「何を理解しているか、何ができるか」=知識および技能

「理解していること、できることをどう使うか」=思考力、判断力、表現力など

「どのように社会と関わり、よりよい人生を送るか」=学びに向かう力、人間性など

音楽科において、学習する内容において大きな変化はないが、「何ができるようになるか」という視点が明確に示され、強調されている。例としては「歌唱の活動を通して、次の事項を指導する」という現行に対して、「歌唱の指導を通して次の事項を身に付けることができるよう指導する」とある。「○○について理解するとともに、○○の技能を身に付けること」と強調されている。

これは「歌唱」のみならず、「器楽」「創作」「鑑賞」においても同様である。

◇生活や社会の中の音楽文化と主体的に関わる◇

今回、中学校音楽科として新たに示された内容の中から特徴的な部分としては、「主体的・対話的で深い学びの実現を図る」ことから、学校内外における音楽活動とのつながりなど、生活や社会の中の音楽や音楽文化と主体的に関わることを重視している。

また「音楽に関する知的財産権」について「著作権の創造性を尊重する態度の育成を図る」、そしてそれが「音楽文化の継承、発展、創造を支えることへの理解につながるように配慮する」という視点が細かく示された。

さらに、わが国の伝統的な歌唱や和楽器の指導に関しては「適宜、口唱歌を用いること」とも示された。

「知識」では、▽活動が無くても得られる知識▽知覚を基にして得られる知識▽感受して得られる知識▽それらを関連づけて得られる知識――という考え方によって整理されたのも大きな特徴であると捉えている。これは、技能においても同様である。

音楽科教育は、人間の成長にとって重要であり、有効に働くもの。それは教育基本法第1条(教育の目的)を達成するために不可欠であり、「心豊かで素敵な人になっているのは音楽をやっているから」という生徒を育成することが大きな目的である。

【関連記事】

◯【新】学習指導要領の関連記事

関連記事