高等教育の在り方で諮問 松野文科相が第9期中教審に

松野博一文科相は3月6日、IOTなど「第四次産業革命」や18歳人口の減少を見据え、大学や大学院など高等教育の教育課程や学修に関する評価の厳格化といった制度の在り方を審議するよう、第9期中教審に諮問した。また国公私立大学の連携や統合も模索する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。