ブルガリアを知る特別授業 横浜市保土ケ谷区の小学校

横浜市保土ケ谷区は、ブルガリア共和国ソフィア市と結んでいるパートナー都市協定を背景に、今年度から、区内の小学校で、ブルガリアを知るための特別授業を行っている。3月7日に市立権太坂小学校(佐野美春校長、児童数551人)で実施された授業では、ブルガリア人留学生や企業のゲストティーチャーが来校。児童は現地の食事や生活をスライドで知ったり、ブルガリア語のあいさつを学んだりした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。