コンテンツ産業の今を語る 新学会の春季研究大会で

コンテンツ教育学会は2017年度春季研究大会を3月8日、東京都渋谷区の東放学園音響専門学校で開催した。教員や学生らによる研究発表のほか、基調講演では、「激動のコンテンツ産業の今」と題し、(一社)デジタルコンテンツ協会調査部主幹を務める木下勇一さんが講師として登壇。コンテンツ産業分野の市場規模や動向などについて話した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。