「原発避難いじめ」 文科省が実態把握へ

福島第一原発事故で福島県外に避難している子供が、各地でいじめに遭っている問題について松野博一文科相は3月10日の閣議後会見で、「年度末を迎えるにあたり、状況を把握したい」として、全国に避難している児童生徒のいじめの発生件数や学校の取り組みなどについて調査する意向を示した。早ければ13日の週には実施する見込み。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。