被災地の食材で給食 中学校で復興を支援

相模原市は、東日本大震災発生から6年目を迎える前の3月9日、市立中学校28校で、被災地支援の思いを込めた特別給食を実施した。献立には、岩手県大船渡市で捕れたさんまの蒲焼きなどが並んだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。