副校長の補佐役を設置 来年度から都教委がモデル事業

東京都教委は来年度から、小・中学校副校長の多忙化解消を目指し、補佐役の職員を新たに設ける方針を固めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。