日本の生徒は一夜漬け多い 米中韓の高校生と比較調査

国立青少年教育振興機構は、日米中韓4カ国の普通科高校生の勉強や学校生活などを比較した意識調査の結果を、3月13日に発表した。日本の高校生は、試験前の一夜漬け勉強が多く、各国と比べて主体的に掘り下げる学びの姿勢が低い現状が明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。