3つの柱と2つの横断的視点 専修学校で取りまとめ

文科省の、これからの専修学校教育のあり方検討会議は3月14日、同省で第10回会合を開催した。「これからの専修学校教育の振興のあり方について」の報告案が座長一任で大筋了承された。専修学校に求められる役割や機能などの基本的方向性を明記したほか、専修学校の振興に向けて重要となる施策を3つの柱と2つの横断的視点から示した。同案は、この日出た委員の意見をもとに文言等修正を行い、取りまとめられる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。