特別支援の指導要領改訂案を公表 学びの連続性配慮で

文科省は3月17日、特別支援学校の幼稚部教育要領と小学部、中学部の学習指導要領の改訂案を公表した。学びの連続性や個に応じた指導、自立と社会参加に向けた教育の充実を視点にした改善を図っている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。