ニーズ高まるも人材不足 特支センター的機能で調査

文科省はこのほど、特別支援学校のセンター的機能の取り組みに関する調査結果を公表した。国公立では、9割以上がセンター的機能を担当する分掌・組織を設置。特に公立で、都道府県・市区町村との連携や他校との連絡調整が進んでいた。課題として、学校に寄せられる相談に応える人材や、教員の専門性の確保が挙げられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。