論点整理案が大筋で了承 社会教育システム構築に向け

文科省の学びを通じた地域づくりの推進に関する調査研究協力者会議は3月21日、同省で第6回会合を開催した。社会の変化に応じた社会教育の在り方や留意すべき点などについてまとめた論点整理案が、大筋で了承された。社会教育の3つの役割と2つの方向性を明示したほか、図書館や博物館など今後の社会教育施設の整備等についても記述した。持続可能な社会教育システムの構築が期待される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。