子供に財産を残したい 学資保険加入で東大が調査

働き方とライフスタイルの変化について、全国調査を毎年実施している東京大学社会科学研究所の石田浩教授らの研究グループは、平成28年4月から6月まで行った第10回の集計結果を、このほど公表した。同グループは調査結果をもとに、学資保険への加入行動を分析。裕福な世帯ほど加入率は高く、子供が女子だけの世帯では、やや低い傾向がみられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。