教育実習が意欲の増減に影響 国立教員養成大学を調査

文科省の国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議は3月22日、同省で第6回会合を開いた。事務局は、「国立教員養成大学・学部、大学院における教育内容・方法等の実態等に関するアンケート調査」の結果を報告。教育実習が、学部学生の教職を目指す気持ちを増す上でも減ずる上でも大きく影響している実態が明らかになった。また附属学校園には「授業・学習指導」に関して指導力のある教員が多いと考えている教育関係者が多いのが分かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。