特支免許保有率75.8% 昨年度比1.5ポイントの伸び

文科省がこのほど明らかにした調査結果によると、平成28年度に全国の国公私立の特別支援学校に勤務している教員のうち、知的や視覚などの障害に応じた「特別支援学校教諭免許状」を保有していたのは75.8%だった。昨年度比で1.5ポイント伸びていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。