時代の変化とともに生涯学習を検討 子供との関連も

文科省の中教審生涯学習分科会は3月22日、同省で第85回会合を開いた。明石要一千葉敬愛短期大学長が第9期中教審生涯学習分科会長に選任された。「時代の変化とともに長寿社会をどう生き抜いていくかの視点を大切にしていきたい」と述べた。また2月3日の総会で報告された「第3期教育振興基本計画の策定に向けた基本的な考え方」のまとめに記述された生涯学習の内容に関して、委員からは「子供たちとの関連や相互作用も視野に入れた記述を盛り込む必要があるのでは」との意見が出た。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。