児童生徒も「自殺予防を学ぶべき」 8割以上

厚労省は3月21日、自殺対策に関する全国意識調査の結果を発表した。今後の自殺対策について、「児童生徒が、自殺予防について学ぶ機会があった方がよいか」との問いに、「そう思う」「どちらかというとそう思う」との回答が合わせて83.1%に上った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。