多忙解消のための校務改善を最重視 全連小が調査

全連小(大橋明会長)は3月23日までに、平成28年度の研究紀要をまとめた。小学校教育の課題などに関する調査で、「小学校教育の改善・充実のために特に重視しなければならないこと」を聞いた質問では、「教員の多忙解消のための校務改善への取り組み」が最多だった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。