学校と専門機関の連携を協議 神奈川県いじめ調査会で

神奈川県教委は、第3回の県いじめ防止対策調査会を3月22日、横浜市の波止場会館で開いた。学校と専門機関の連携について協議。スクールカウンセラー(SC)やスクールソーシャルワーカー(SSW)が、教員と関わりを深めながら学校の状況を知ってもらえるよう、交流会形式の研修などが提案された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。