外国人の人権と性的マイノリティ学ぶ 埼玉県が指導書

埼玉県教委は、外国人の人権と性同一性障害などの性的マイノリティについて学ぶ「新たな人権課題に対応した指導資料」(A4判、34ページ)を、このほど刊行した。小・中・高校別に、外国人の気持ちを疑似体験させたり、教科で性の多様性を学んだりする教育実践でのアイデアを盛り込んでいる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。