言葉の暴力も処分対象 大阪市教委が基準に明記

大阪市教委はこのほど、体罰・暴力行為に対する処分等の基準の見直しを行った。その中で、教師の暴言等が、児童生徒に精神的な苦痛を与えたと認められる場合には、処分の対象となると明記された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。