自画撮りで被害対策 子供が相談できる体制求める

東京都の第31期東京都青少年問題協議会は3月24日、東京都庁で第2回専門部会を開催した。青少年の自画撮り被害の実態に基づき、今後検討すべき対策などについて意見を交換。委員からは「子供が相談できる体制の強化が必要なのではないか」などの声が聞かれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。