児童の総合的な理解が不足 教員の生徒指導力を調査

全連小(大橋明会長)がこのほどまとめた平成28年度の研究紀要によると、児童の問題行動に対する教員の生徒指導力の問題は、「児童を多面的・総合的に理解しようとする児童理解力が不足している」が最多だった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。