外国語授業の時間確保策 「ユニット授業」などを回答

㈱ジャストシステムは3月27日、「新学習指導要領に関する教師、保護者の意識調査」の結果を発表した。外国語授業の時間確保策で、教員の賛同が多かったのは「ユニット授業」「教科横断型の授業」だった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。