部会設置し高等教育の将来を検討 第9期大学分科会で

文科省は、大学分科会の第134回会合を3月29日、同省で開いた。第9期の分科会長には、永田恭介筑波大学長が選任。今後の高等教育の将来構想について検討していくため、将来構想部会や大学院部会などを設置し、専門的な調査審議を行っていくとした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。