英語力の定着には不可欠 全国学力調査の案が大筋了承

文科省の全国的な学力調査に関する専門家会議は3月29日、同省で第15回会合を開いた。「全国学力・学習状況調査における中学校の英語の実施に関する最終報告」案と「全国的な学力調査の今後の改善方策について」のまとめ案が大筋で了承された。全国学力・学習状況調査で実施予定の中学校3年生を対象とした英語調査では、平成31年度からの調査に向けて、30年度に抽出方式で予備調査を実施。英語調査は3年に一度程度実施する必要があるとした。4技能を測定し、英語力の確実な定着を図る。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。