文科省の天下り問題で62件発覚 37人が新たに処分

文科省の組織的な天下りあっせん問題で、松野博一文科相は3月30日、記者会見を開き、調査結果の最終報告を公表した。新たに発覚した35件を含め、62件の国家公務員法違反が判明した。OBを含む幹部ら37人に、停職や減給などの処分を下した。1月の処分対象者を合わせると43人となり、同省で最大規模となった。この中には事務次官経験者3人も含まれている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。