学習指導要領案へのパブコメ 前回の倍で1万1千超

 学習指導要領の改訂案に関するパブリックコメントの内容が、3月31日に公表された。歴史上の表記や小学校で新たに教科化された外国語教育、必修化されたプログラミング教育、アクティブ・ラーニング(AL)と言い換えられていた「主体的・対話的で深い学びの実現」、新設された「前文」などについて、計1万1千件以上の意見が寄せられた。これは平成20年改訂時の約2倍となり、このたびの改訂が、多くの国民から注目を集めているのを示していた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。