こども園・保育要領が告示 小学校の連続性を意識

文科、厚労の両省と内閣府は、幼保連携型認定こども園教育・保育要領を3月31日付の官報で告示した。小学校との連続性を意識した内容となった。育成すべき資質・能力の3つの柱に沿って、非認知能力の育成を求めるなど、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」を明確化した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。