学校規模の適正化で調査 市区町村約8割で課題

文科省は、都道府県や市区町村教委による学校規模の適正化と少子化に対応した学校教育の充実に関する調査結果を、このほど公表した。小・中学校の適正規模に関する認識では、市区町村の8割で何らかの課題があると答えている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。