松野文科相が奨学金充実でメッセージ 理解と配慮を

 松野博一文科相は、平成29年度からの給付型奨学金の創設などの奨学金事業の充実について、学校関係者などに理解を求めるメッセージをこのほど発した。「子供の貧困が進み、高等教育への進学機会の確保が重要な課題になる中、各学校の低所得世帯の子供たちの支援に格段の理解と配慮をお願いします」と訴えた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。