新年度から教職員支援機構 養成・採用・研修の中核に

従来の「教員研修センター」が新年度4月1日から、「教職員支援機構(NITS=ニッツ)」に名称を変えてスタートした。これまでの、文科省直営型の研修実施機能を維持しながら、全国の教職員に対する養成・採用・研修のほか、調査研究機能を強化する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。