学校の多忙解消へ 弁護士や元校長ら派遣し改善を助言

松野博一文科相は4月4日の閣議後会見で、教委の要請に応じて教育現場の多忙化解消に向けた助言・支援を行う学校業務改善アドバイザーのメンバーに、学校専門に法律相談をしている弁護士や学校マネジメントを専門分野にしている大学教員、元校長ら21人が選ばれたと発表した。アドバイザーの派遣事業は、今年6月から本格的に実施される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。