教育機会の確保で基本指針 不登校生の多様な学び示す

文科省は4月4日、「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する基本指針」の策定内容を公表した。不登校児童生徒への多様で適切な学習活動の重要性と、休養の必要性を踏まえた支援について盛り込んだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。