繰り返しの学習で定着へ 小学校の外国語教育で素案

文科省の、小学校の新たな外国語教育における補助教材の検証及び新教材の開発に関する検討委員会は4月10日、同省で第3回会合を開いた。小学校の外国語教育の新教材についての年間指導計画や活動例などの素案やたたき台を、主査一任で大筋で了承した。繰り返しの学習によって外国語学習の定着を目指す。同会でまとめた案などは、6月21日以降に順次開催される「新教育課程説明会」で、小学校に配布される。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。