現職研修のニーズ探る 東京学芸大から教員を長期派遣

教員養成系大学と教委との連携の一環として、東京学芸大学(出口利定学長)は、東京都教委に大学教員を定期的に長期派遣する新事業を、この4月から開始した。学校現場の動向を知るとともに、現職教員研修のニーズを探るのが目的。都教委にとっても初の取り組みとなる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。