地域食の良さに理解深まる 広島の給食プロジェクトで

広島県教委は、平成28年度の「ひろしま給食100万食プロジェクト」の実施状況を、このほどまとめた。学校栄養教諭が給食だよりなどに、県の地場産物を使った給食献立をレシピとともに掲載し、その良さを保護者に広めた。これによって、親子が協力して同じ給食メニューを家庭で作る機会が増えたという。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。