新入生が利用法学ぶ 学校に公立図書館併設で図書充実

図書館が子供たちと地域の人をつなぐ――。東京都杉並区立高井戸図書館は、同区立高井戸中学校(萩原正己校長、生徒数414人)と併設している。同館と同校は4月11日、同校に新しく入学した1年生を対象とした図書館ガイダンスを行った。生徒らは、学校図書館や公共図書館の利用方法を学び、充実した蔵書が揃う館内を回った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。