教員養成体制の充実へ 国際バカロレアで中間まとめ

文科省の国際バカロレア(IB)を中心としたグローバル人材育成を考える有識者会議は4月17日、同省で第3回会合を開いた。事務局は、同会議の中間取りまとめの構成案と骨子たたき台を提示。IB推進の意義を再確認するとともに、導入校への支援や教員養成体制の充実などを行っていくとした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。