児童のコミュニケーション意欲育つ 英語教育を調査

国立教育政策研究所は、平成27年度から28年度にかけて実施した「小学校英語教育に関する調査研究」の成果を、このほど発表した。全国の教育課程特例校や研究開発学校の先進的な実践や海外の事例を調査、分析。外国人からの話しかけに英語で答えるとした児童が半数を超えており、コミュニケーションへの意欲が育っているなどの成果を明らかにした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。