帽子や眼鏡で紫外線予防 小学生からできる眼病対策

紫外線を予防して眼を守る――。佐々木洋金沢医科大学眼科学講座教授は4月18日、東京都渋谷区のアキュビューRストア表参道で行われたジョンソン・エンド・ジョンソン㈱が主催するセミナーで「紫外線が及ぼす眼への悪影響と対策について」の講演を行った。紫外線について「予防して悪いことは何もない」とし、小学生などの子供も、外にいる時間は帽子や眼鏡を着用して紫外線を防止する必要があると述べた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。