小学校のトイレを改装 便秘解消プロジェクトで

排便の知識を学ぶ児童ら
排便の知識を学ぶ児童ら

子供の便秘解消プロジェクトに共同で取り組んでいるNPO法人日本トイレ研究所とカゴメ㈱は、愛知県東海市立三ツ池小学校のトイレを同プロジェクトの一環で改装し、4月17日に同校でお披露目セレモニーを行った。

同プロジェクトは平成28年に、子供の便秘ゼロを目指してスタート。今年度の第1回目となる同校では、教職員へのヒアリングに基づいて、2年生が主に使用する男子トイレ、女子トイレの壁面塗装や、クリーニングなどを行った。

セレモニーには、2年生と特別支援学級の児童ら計67人が参加。児童らは、排便についての知識を学んだり、腸の調子を整える体操を行ったりした。

あなたへのお薦め

 
特集