困窮度が高まると学習理解度など低下 大阪市が調査

大阪市は、「子どもの生活に関する実態調査」報告書をこのほど発表した。世帯の困窮度が高まるにつれ、子供の学習理解度は低くなるなどの傾向が明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。